第一印象は大事!品物をできるだけ綺麗に掃除しよう!

査定金額を上げるには?

ブランド品を買取業者に持ち込むときは、少しでも高く買ってもらいたいのが本音ですよね。ブランド品の高額査定の基準は、新品に近いもの、最新の型であること、ビンテージであることなどがあげられますが、商品の状態にも大きく左右されます。ずっとクローゼットの中に入れっぱなしにしていて埃をかぶっていたり、カビ臭かったりと、第一印象で悪い印象を与えるものは、査定額を下げられはしないものの、心証は良くありません。反対に、少し古い型でもできるだけきれいに掃除をして持ち込むと、鑑定士の心証も良くなり、査定額に色を付けてもらえることもあるでしょう。人間と同じように、ブランド品も見た目の第一印象は非常に大切になるのです。

間違ったクリーニングはNG

できるだけブランド品をきれいにして持ち込むことが重要とはいえ、間違ったクリーニングをすると余計に価値を下げるので注意が必要です。バッグや財布、時計などのブランド品は、乾いた布でさっと拭くぐらいでOKです。ひどい汚れは、水に濡らして硬く絞った布で拭きましょう。拭いただけでは取れない汚れやシミがある場合は、無理に摂ろうとはせずにそのまま持ち込むのが賢明です。洗剤や薬品を使ったり、ゴシゴシこすったりして生地を傷めると、シミや汚れがついていた時よりも安く査定される可能性があります。高く査定してもらうためにきれいにするのに、価値を下げては本末転倒です。 元の品質を壊さない程度に、きれいに掃除するようにしましょう。